サイトメニュー

定期的な通院が大切

カウンセリング

うつ病になりやすい性格のひとつとして執着気質が挙げられ、ひとつのことを頑張りすぎる傾向にあります。真面目な人に多い性質で、うつを発症した場合には早めの治療で改善が可能です。自費による通院の予算は、毎月10,000円前後を計算しておくと安心です。

詳しく見る

精神病になりやすい性格

頭を抱える女性

心の病になりやすい人には特徴があるため、自分の性格に合わせた対応をしなければいけません。執着気質の方が精神病になった時は病院にカウンセリングの予約をして、医師と相談しながら治療を受ければ対応できます。

詳しく見る

効果的な精神病の治療方法

悩む男性

執着気質の方は不安定な精神状態になりやすく、生真面目で仕事熱心な方ほど心の病になるケースが多いです。日頃からストレスを発散する方法などを考えておけば、真面目な方でも精神病になりづらく問題が起こるのを防げます。

詳しく見る

良い面だとも言える

看護師

自分を責めない

うつ状態になる人は以前よりも増えていると言われていますが、その症状の前段階の症状として執着気質ということが言われています。これは、1度湧き上がった感情が常識を超えて長く続くといった感情の移り変わりの異常だそうです。執着気質はとても責任感が強くてとてもまじめ、完璧主義な傾向にある人に多いようです。その傾向は他人にだけではなく、自分に対しても同様で、要求の基準が高いために常に満足を得られずにいるというのが特徴のひとつです。完璧を求めることでストレスが発生しやすいとも言えるのでしょう。この性質は決して良くない性質ではなく、むしろ物事をきちんとこなすことができるという点では長所とみることができます。他人から見ればもちろんそれは素晴らしい人格に写るかもしれません。完璧を求めて常にそれが100%満足できるものであればどんどん進歩していけるのかもしれませんが、そう考えた通りにいかないのも当然だと言えますし、相手がいることならなおさら難しくなるでしょう。執着気質の傾向があるなと感じた場合には、まずあまり物事を深く考えすぎないようにしましょう。そして、相手に過度の期待をしないことも必要で、自分では正しいと自信がある考えでも人には押し付けないことも望まれます。なかなか難しいことかもしれませんが、細かいことをあまり気にしないということを自分に言い聞かせてみるのもいいかもしれません。だからといって、完璧主義な自分を恥じたり、それがいかにも悪い性質だと考えたりする必要はありません。プラスとマイナスの面のバランスをとることが大切です。なんでも完璧にしなければ気が済まないという人は意外に多く見られますが、それを良いことだと考える人ばかりではありません。特に仕事など人間関係において相手から完璧を求められれば、場合によっては人間関係に亀裂を生じるかもしれません。責任感や義務感がとても強く、何に対しても熱中して徹底的に行います。そんな人は自分にだけではなく他人に対しても同じことを求め、その要求の水準はとても高いようです。はた目には迷惑な人と見られるかもしれませんが、かなり真面目な性格だという点は良くないことではなく、むしろ長所と言えることです。しかし、当の本人にとって、それは自分をつらい状況にさせてしまうことにもなるでしょう。完璧主義は少しの失敗なども許せない傾向にあり、常に満足を得ることを求めますが、それはなかなか希望通りにはいかないかもしれません。自分の考える満足のいく状態にならないことへの不満がストレスになってしまうといったタイプを執着気質と呼びます。自分自身が執着気質だなと感じた場合、また、もしも身近にいる人がそれだと気がついた場合、どちらも決して悲観することではないと理解しておくことは大切です。執着気質はたまたま迷惑となることはあっても、本人に落ち度があるわけでも悪気があるわけでもないからです。でも、その性質を全面に出せばトラブルになることもなきにしもあらずなので、そのセルフケアも心得ておくといいでしょう。とにかく自分にも相手にも完璧を求めすぎないということを念頭におくことが必要です。マイナス要素だけではないという考えの上で、自分の価値観を人に押し付けることは控えるといった気持ちも大切でしょう。

Copyright© 2019 執着気質の人のうつ発症リスクを下げるには?【完璧を求めすぎない】 All Rights Reserved.