サイトメニュー

定期的な通院が大切

カウンセリング

交通費も予算に入れる

仕事や勉強を小さな時から頑張っている人や、細かなことまで常に気をつける几帳面なタイプの人がなりやすいのが執着気質です。ひとつの物事にこだわってしまうため、脳に疲労がたまりやすくなる傾向にあります。メランコリー型と呼ばれているうつ病に発展する可能性もあり、発症の傾向が見られたら医師のカウンセリングを受けるのがオススメです。カウンセリングにかかる費用は、保険が適用されると3,000円前後となりますが、抗うつ剤などの薬代を計算に入れる必要があります。軽い症状の場合であっても、およそ5,000円前後の予算が必要です。自費による治療を希望する場合には、薬代も含めて相場は10,000円ほどになります。執着気質がある場合のほとんどの症状では、1ヶ月に1回の通院が平均的な通院回数です。1年間のうちに治療費として120,000円くらいを予算として計算しておくと、通院しやすくなります。他にも、遠方の病院に通う場合には交通費がかかるので、予算を節約したい方は交通費の安い場所にある病院を選ぶと良いでしょう。自家用車での通院を検討している場合には、ガソリン代などを計算に入れておき、予算に余裕を持っておくと治療がしやすくなります。不眠の症状が出ている場合には睡眠薬も処方されるので、うつ症状のみ現れている患者よりも治療費がかかる傾向にあります。また、自宅での治療が困難になってしまった場合には入院による治療も視野に入れておくと安心です。短期間の入院の場合でも契約時にかかる保証として、最初に10,0000円前後がかかるのが一般的です。日常生活において執着気質が頻繁に見られて生活しづらいと感じるようになったら、通院を検討する必要があります。事前にメールや電話によるカウンセリングを行なっている病院もあります。これらの事前のカウンセリング制度を通院前に利用すると実際に医師と対面する時に診察がスムーズにいきます。病院のホームページにおいて、どのようなタイプの患者の治療が得意であるか記載しているところも増えているので参考にして通院先を決めると安心です。得意とする治療に、執着気質のうつ病やメランコリー型のうつ病が紹介されている病院に通院すると相談しやすくなるでしょう。治療期間は1年以上かかるのが一般的なので、交通の便利な場所を選ぶようにすると完治するまで通えるので安心です。症状によっては身体機能の検査を行うこともあるので、あらかじめ予約時に検査費用などをたずねておくと予算を計算しやすくなります。通院する日時が決まったら、当日にどんなことを相談したいのかメモを作るようにします。メモの内容としては、仕事や学校でどのようなことが気がかりになっているのか、趣味や人間関係についてなどです。細かくノートなどに記して当日医師に直接見せられるようにすると、状態を伝えやすくなるのでオススメです。また、家族と暮らしている方の場合には、一緒に付き添ってもらって診察を受けるようにすると執着気質への対処法が分かり、生活しやすくなります。付き添いを誰にするかを決めてスケジュールの調整を行なってから予約をすると良いでしょう。その場合には、付き添いの家族もノートとペンを持参して医師のアドバイスをメモ出来るようにします。

Copyright© 2019 執着気質の人のうつ発症リスクを下げるには?【完璧を求めすぎない】 All Rights Reserved.